精力剤の選び方|タイプ別に精力剤を見る

古代からの精力剤

 

古代からの精力剤

古代時代から、世界各地の文化に、媚薬や精力剤の存在がありました。世界各地に共通して媚薬とみなされているものの中に、大麻、ヨヒンビンを含む植物などがありました。

 

大麻や朝鮮朝顔、アルコールといった、二兎を酩酊状態にするものが多く利用されてきたのは、古代社会において性行為が、性生活だけの枠組みを超える行為だとされてきたからだろう。

 

新しい命を産む出すための成功は時に豊穣を願う儀式でもありました。現在でも人間の生命の誕生と性行為とを深く考える宗教もあり、自然宗教の世界では特殊なものではありません。

 

したがって精管や、男性の持続力を高めたり、オルガズムを引き延ばしたりする効力があるものは、今日考えられる媚薬以上の存在価値があったのです。

 

インドにおける大麻のように、神や宇宙、または性交パートナーとの一体感を味わうために、意識変容を引き起こすものが神聖視されたものです。

 

古代ローマ時代では、戦士の報酬には性交の権利というものもありました。それほどに、人間は性行為に対しては、時代によって様々な価値観を持っていたのです。

 

強壮剤や媚薬と言ったものには、今に日本では使用することもできない成分も、古代時代にはたくさん存在していました。

 

自分に合った精力剤

 

自分に合った精力剤

男性誌の広告には数多くの精力剤が紹介されています。しかし、実際に使おうと思っても、自分にピッタリのものがどれかを決めることはとても難しいことです。

 

その素材も、オットセイ、マムシ、朝鮮人参、鹿の角、ガラナなど多岐にわたります。本当に効くのかどうかなどは、飲んでみないとわからないものです。

 

実は、精力剤の販売店で、気にしているのはパッケージの色と価格が決め手だという。それはどういうことなのでしょう?

 

患者さんは購入するときに、パッケージの色でなんだか聞きそうだと判断する、それが安すぎるとなんだか効き目がなさそうだと感じてします。それなりに高額に設定されます。5千円から1万円程度です

 

これだけを聞いていると、なんだか中身と値段があっていないと思われるかもしれませんね。しかし、これには効果があると消費者に思わせることができないと、せっかくの精力剤も効果を発揮しないことがあるのです。

 

実は、素材については聞きそうなものを配合していれば、商品にはあまり差はありません。聞く人には聞くし、効かない人には効かないのです。

 

早い話は、精力剤の選び方は、自分自身が「これは効く」と思い込めるかどうかなのです。これをプラシーボ効果と言います。

おススメの精力剤

 

ギムリスでギンギンに!増大・精力サプリのギムリス⇒ギムリス

 

サビトラ-SAVITRA 全国送料無料でお届け⇒サビトラ